『まくむすび』漫画感想とおすすめ評価〈連載中〉

おすすめ漫画

こんにちは!

この記事では、連載中漫画「まくむすび」の感想とおすすめ度をご紹介しています。

管理人
管理人

まくむすびってどんな感じか気になってる人はチェック!

連載中の漫画「まくむすび」を独断と偏見によりおすすめ評価!

感想とあらすじもご紹介していきますよー!

※ネタバレ注意

スポンサーリンク

『まくむすび』漫画感想とおすすめ度〈連載中〉:おすすめ評価

おすすめ評価度
3.0

「私、変わりたいんだ」

仙台星見高校に入学した土暮咲良(つちくれ・さくら)には、友人・カレンにも言えない秘密があった。それは「漫画を描く」という創作活動のこと。…ある“きっかけ”で創作を諦めかけていた咲良だったが、「高校演劇」との出会いによって、彼女の日常は劇的に変化していくことに。

ーーいま、誰もが輝く青春群像劇の幕が上がる!

出典:保谷伸/まくむすび

作者:保谷 伸(ほたに しん)
連載:週刊ヤングジャンプ(集英社)
ジャンル:青春、高校演劇

『まくむすび』漫画感想とおすすめ度〈連載中〉:1巻

<2019年7月19日発売>

まくむすび1出典:保谷伸/まくむすび

『まくむすび』1巻:あらすじ

「高校演劇」との出会いが、すべてを変えたー

仙台星見高校に入学した土暮咲良には、誰にも言えない創作活動への秘めた熱意があった。

ある“きっかけ”で須佐区を諦めかけていた彼女だったが、「高校演劇」や仲間との出会いによって、彼女の日常は“劇的”に変化していくことにー

まくむすび1巻裏表紙より

『まくむすび』1巻:収録話

・第1幕「劇的なるものをめぐって」

・第2幕「甲子園よりも遠い場所」

・第3幕「贋作ロミオとジュリエット」

・第4幕「織姫と彦八」

・第5幕「ビー・ヒア・ナウ」

・第6幕「けむり(仮)」

『まくむすび』1巻:感想※ネタバレ注意

うーん、わくわくが止まらない!

土暮咲良の挫折が希望に変わっていく様がいい!

キャラクターも可愛いし表情もいいし、何より絵が綺麗。

演劇の中に引き込まれてしまいます。

ジャス子先輩が、むすび達とどんな舞台を創りあげていくのか楽しみ!!!

まくむすび 1 (ヤングジャンプコミックス) [ 保谷 伸 ]

価格:660円
(2020/5/6 08:49時点)
感想(0件)

『まくむすび』漫画感想とおすすめ度〈連載中〉:2巻

<2019年8月19日発売>

まくむすび2出典:保谷伸/まくむすび

『まくむすび』2巻:あらすじ

“舞台”に立つ、ということー

演劇部に入部した土暮咲良は、“むすび”という部名を授かり、「高校演劇」の世界へと足を踏み入れる。

他校との合同発表会「あおはるマルシェ」に向けてオリジナル戯曲での練習を始める中、思いもよらぬトラブルが…

果たして無事に本番を迎えることができるのかー!?

まくむすび2巻裏表紙より

『まくむすび』2巻:収録話

・第7幕「理由」

・第8幕「煙草の材について」

・第9幕「白い箱のある風景」

・第10幕「メープルシロップホットケイクス」

・第11幕「むすび舞台に立つ!!」

・第12幕「Play is Play 」

・第13幕「燈」

・第14幕「おりひめの1日」

・第15幕「けむり(第1場)」

・第16幕「けむり(第2場)」

・第17幕「けむり(第3場)」

『まくむすび』2巻:感想※ネタバレ注意

序盤からハプニングありまくり前途多難さに、もうハラハラドキドキ!

それを乗り越えようとするみんなの、苦悩や熱意ひとつひとつが心に刺さります!

2巻での見所は、やっぱり星見高校の演劇でしょうね。

引き込まれ過ぎて、鳥肌が立ちました…

実際の演劇で観てみたいと思ってしまうくらい!

めっちゃ好きです!

まくむすび 2【電子書籍】[ 保谷伸 ]

価格:627円
(2020/5/6 10:06時点)
感想(1件)

『まくむすび』漫画感想とおすすめ度〈連載中〉:3巻

<2019年12月19日発売>

まくむすび3出典:保谷伸/まくむすび

『まくむすび』3巻:あらすじ

“表現する”喜びと苦悩ー

参加校すべての上演を終えた春の合同演劇発表会「あおはるマルシェ」。

残すは審査員による各校に対する講評のみー

果たして、むすびが描いた舞台「けむり」に下される評価は!?

そして、星見高校演劇部が歩み出す新たな世界とはー

まくむすび3巻裏表紙より

『まくむすび』3巻:収録話

・第18幕「暗転」

・第19幕「講評のとき」

・第20幕「あなたへ」

・第21幕「バラシ」

・第22幕「マジもん」

・第23幕「新たなる目標 」

・第24幕「前略、坂の上より」

・第25幕「去年のこと」

・第26幕「風味舌佳」

・第27幕「再会」

『まくむすび』3巻:感想※ネタバレ注意

演劇部廃部にはならんだろうよって思ってたけど、教頭先生の言葉にはびびりました…

無事、存続できて良かったなぁと(ほろり

講評の時の斑目の酷評の切れ味半端なかったけど、正しいからこそ、すごいリアルでしたね。

1つづつ、乗り越えようとする演劇部のこれからに期待!

まくむすび 3/保谷伸【合計3000円以上で送料無料】

価格:660円
(2020/5/6 11:01時点)
感想(0件)

『まくむすび』漫画感想とおすすめ度〈連載中〉:4巻(最新刊)

<2020年4月17日発売>

まくむすび4出典:保谷伸/まくむすび

『まくむすび』4巻(最新刊):あらすじ

演劇の“真髄”を知るー

星見高校演劇部の1年生たちは演劇ワークショップに参加することに。

その参加者にはなぜかむすびを敵視している男子生徒・柳淵もいてー

数々のワークショップを通じて演劇への理解を深めていく高校生たち。

そんな中、敵対心をむき出しにしてくる柳淵に対してむすびはー!?

まくむすび4巻裏表紙より

『まくむすび』4巻:収録話

・第28幕「のけものきたりて」

・第29幕「約三十の嘘」

・第30幕「イメージ」

・第31幕「砂漠」

・第32幕「若き創作者の悩み」

・第33幕「光明」

・第34幕「死体のある発表」

・第35幕「葬送」

・第36幕「ぼくらの秘密」

・第37幕「ダイアローグ」

『まくむすび』4巻(最新刊):感想※ネタバレ注意

演劇のこと知らない管理人でも、だんだん演劇のことに詳しくなれるような気がします!

相変わらずむすびは、つまずきながらもがきながらも、しっかり前に進んでいきますね!

柳淵、めっちゃいいキャラしてるし!

高校生の活力と苦悩が感じられる1冊でした!

まくむすび 4 (ヤングジャンプコミックス) [ 保谷 伸 ]

価格:660円
(2020/5/6 11:11時点)
感想(1件)

『まくむすび』漫画感想とおすすめ評価〈連載中〉:まとめ

いかがでしたか?

まだまだ続く「まくむすび」から目が離せませんね!

随時更新していきます!

タイトルとURLをコピーしました