『鬼滅の刃8巻』挿絵とカバー下イラスト!煉獄の母の涙が泣ける

挿絵・カバー下イラストまとめ

こんにちは!

この記事では、人気爆発中の鬼滅の刃8巻挿絵とカバー下イラストを紹介しています!

管理人
管理人

鬼滅の刃8巻は、無限列車編が終わる!と思いきや…!?

そんな鬼滅の刃単行本は、話の間の挿絵と、表紙カバーの裏にあるカバー下イラストが大注目なんです!

小ネタから泣ける話まで、読んで、見て、損は無いですよ~!

前巻を見る← →次巻を見る

※8巻の挿絵とカバー下イラスト紹介はネタバレを含みます。

→鬼殺隊キャラ一覧

→鬼キャラ一覧

→家族・その他キャラ一覧

スポンサーリンク

『鬼滅の刃8巻』挿絵とカバー下イラスト:クスッと笑える挿絵とあらすじ

では、まずは8巻の挿絵から!

あらすじをまとめながら、挿絵の紹介をしていきますよー!

『鬼滅の刃8巻』挿絵:62話悪夢に終わる

・62話は、無限列車編の続きから。

→頸を斬られた魘夢、断末魔をあげ暴れる!汽車横転!

→腹を刺されていた炭治郎、瀕死。それでも運転手を助けるように伊之助に指示。

→崩壊する魘夢は、炭治郎達を恨み、悪夢だと言って消えていく。

→炭治郎の元に来た煉獄、腹を止血する呼吸法を炭治郎に教える。

→空から何かが降ってきた!

62話次ページ挿絵↓

管理人
管理人

運転手を救出する伊之助。

偉いよ!

『鬼滅の刃8巻』挿絵:63話猗窩座

・63話は、無限列車編の続きから。

→降ってきたのは、上弦の参・猗窩座!手負いの炭治郎に襲いかかる!

→煉獄が阻止。猗窩座と煉獄は話し始める。

→煉獄に「鬼にならないか?」と提案する猗窩座。煉獄「ならない」

→煉獄が至高の領域に近いのにたどり着けないのは、人間だからだと言い、再度鬼に勧誘。

「如何なる理由があろうとも鬼にならない」という煉獄と猗窩座は戦い始める。

→目にも止まらぬ攻防戦。動く炭治郎に待機命令を下す煉獄。

→動けない炭治郎と伊之助。

63話次ページ挿絵↓

管理人
管理人

この女性は一体…?

『鬼滅の刃8巻』挿絵:64話上弦の力・柱の力

・64話は、煉獄VS猗窩座編の続きから。

→力は互角ながら、再生できる鬼とできない人間の差で、煉獄ボロボロに。

→それでも煉獄は「ここにいる者は誰も死なせない!」と戦う。

→しかし、猗窩座にみぞおちを貫かれてしまう。猗窩座「鬼になれ!」

→煉獄は思う。かつて死ぬ前の母に言われた言葉。

弱き人を助けるため、煉獄は強く生まれたのだと。

→その言葉を胸に、煉獄は最後の力を振り絞り、猗窩座に攻撃!

→夜明けが近いことに焦る猗窩座。しかし煉獄に刺さった腕が抜けない!

→煉獄「逃がさない」

64話次ページ挿絵↓

管理人
管理人

煉獄のピンチに動き出す炭治郎…

助けてあげて…!!!

『鬼滅の刃8巻』挿絵:65話誰の勝ちか

・65話は、煉獄VS猗窩座編の続きから。

→逃げようとする猗窩座、離さない煉獄。動き出す炭治郎・伊之助。

→攻撃を仕掛けようとしたその瞬間、猗窩座離脱!自分の腕を切り落としていた

→逃げる猗窩座。刀を投げる炭治郎!猗窩座に刺さるが、逃げていく猗窩座。

→その後ろ姿に、炭治郎「逃げるな卑怯者!」

「お前なんかより煉獄さんの方が凄いんだ!強いんだ!」

「お前の負けだ!煉獄さんの勝ちだ!!」

→号泣炭治郎。瀕死の煉獄は、炭治郎を呼び寄せる。

→そして話し始める煉獄「思い出したことがあるんだ」

65話次ページ挿絵↓

管理人
管理人

一方の禰豆子と善逸。

禰豆子の膝枕。

『鬼滅の刃8巻』挿絵:66話黎明に散る

・66話は、煉獄の話しから。

→煉獄の生家に、歴代の“炎柱”が残した手記がある。ヒノカミ神楽について何か記されているかも…

→煉獄は炭治郎に、家族への遺言を頼む。

→弟・千寿郎に「自分の心のまま正しいと思う道を進め」

→父に「体を大切にして欲しい」

→そして、炭治郎に「君の妹を信じる。鬼殺隊の一員として認める」

→更に炭治郎・伊之助・善逸に向けて最期の言葉。

「もっともっと成長しろ。今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ」

「俺は信じる。君たちを信じる」

→煉獄は母の姿を見る。そしてちゃんとやれたか問う。

→母「立派にできましたよ」

→煉獄は笑顔でこの世を去っていく…

→煉獄の死に弱気になる炭治郎。伊之助怒る「弱気なこと言ってんじゃねぇ!」

「信じると言われたらそれに応えること以外考えんじゃねぇ!」

→三人とも号泣。そこに隠が到着する…

→煉獄の訃報は、すぐに柱・お館様に伝わる。

66話次ページ挿絵↓

管理人
管理人

兄の訃報を知る千寿郎。

切ない…

『鬼滅の刃8巻』挿絵:67話さがしもの

・67話は、子供の姿で潜む無惨の様子から。

→とある一般家庭に潜む無惨。そこに猗窩座が報告に現れる。

“青い彼岸花”は見つからないが、柱を一人倒してきたという猗窩座。

望みは鬼殺隊の殲滅だと怒る無惨。猗窩座に失望。

→猗窩座は悔しさで、炭治郎を殺すことを決意する…

→一方の蝶屋敷。落ち込む炭治郎を心配し、励ましに行く善逸。病室に炭治郎がいない!

→炭治郎は、煉獄の生家に向かっていた。

→玄関先で千寿郎に会う。炭治郎は煉獄の遺言を伝えにきた。

→父が現れ、煉獄を侮辱する…

67話次ページ挿絵↓

管理人
管理人

し…しのぶさん…

怒らないであげて…

『鬼滅の刃8巻』挿絵:68話使い手

・68話は、煉獄家の続きから。

→続けざまに煉獄を侮辱する父。千寿郎にも辛く当たる。

→止める炭治郎の耳飾りを見た父は、炭治郎に向かって「日の呼吸の使い手だな?」

→いきなり炭治郎に殴りかかる父。止めようとした千寿郎にも暴力を振るう。怒る炭治郎。

→日の呼吸が始まりの呼吸で、その使い手である炭治郎が、自分たちを馬鹿にしていると言いがかりをつける父。

→怒りが頂点に達し、元柱である父に向かって襲いかかる炭治郎!

→頭突きで気絶させてしまう…

→落ち込む炭治郎。励ます千寿郎と、煉獄の最期の話をする。

→煉獄家にあった手記を、千寿郎に持ってきてもらう。

68話次ページ挿絵↓

管理人
管理人

炭治郎の石頭プラス威力アップ…

めちゃくちゃ痛いんだろうなぁ

『鬼滅の刃8巻』挿絵:69話前へ進もう少しずつでも構わないから

・69話は、煉獄家の続きから。

→手記は、ズタズタに切り刻まれていて、ほとんど読めなかった…

→おそらく父が破いたと謝る千寿郎。

→炭治郎は、自分がやるべきことは鍛錬だ、と言う。

強くなるための近道など無い。精一杯で前に進む。

→そして、煉獄のような強い柱に必ずなる、と千寿郎に宣言する。

→その言葉に千寿郎は、自分の剣術の力が足りず、兄の継子になれなかったと語りだす。

→そして、剣士になるのは諦める、それ以外の形で人の役に立てることをすると。

→手記は、千寿郎が修復を試みてくれる。

→帰る間際、千寿郎から煉獄の日輪刀の鍔を受け取る…

→炭治郎が帰ったあと、千寿郎は煉獄の遺言を父に伝える。

「体を大切にして欲しい」

→その言葉を聞いた父は、涙を流すのだった…

→蝶屋敷に戻る炭治郎。待ち構えていたのは、包丁を持った鋼鐵塚!

→刀を失くした炭治郎に激怒し、朝まで鬼ごっこを繰り広げた…

69話次ページ挿絵↓

管理人
管理人

炭治郎は、みたらし団子を常備しておいた方がいいと思う。

『鬼滅の刃8巻』挿絵:70話人攫い

・70話は、蝶屋敷に戻った炭治郎達の様子から。

→煉獄の死から4ヶ月。鍛錬を重ね、合間に鬼を倒しに行く日々を送る炭治郎達。

→ある日、単独任務から帰った炭治郎。玄関先が騒がしい。

→なんと、音柱・宇髄がアオイとなほを連れ去ろうとしている!

→止めようとするカナヲ!きよ!すみ!

→炭治郎、救出しようとする!も、躱される。

元忍である宇髄を、人さらい呼ばわりする炭治郎達。

任務で女の隊員が必要だから連れて行こうとする宇髄に、炭治郎は自分達が代わりに行くと言う。

→いつの間にかいた伊之助・善逸もやる気。

→宇髄承諾で、任務に向かう事に。

→向かう先は、日本一色と欲に塗れたド派手な場所、鬼の住む遊郭

70話次ページ挿絵↓

管理人
管理人

善逸だけが遊郭を知っている様子。

さすが善逸。

8巻終わり

『鬼滅の刃8巻』挿絵とカバー下イラスト:煉獄の母の涙が泣けるカバー下イラスト

次はカバー下イラストのご紹介!

表紙は煉獄杏寿郎

そして、ペラっとカバーをめくると見えてくるのは…

『鬼滅の刃8巻』挿絵とカバー下イラスト:煉獄の母の涙が泣けるカバー下イラストはこれ!

カバー下イラストは、涙を流し微笑む煉獄母

煉獄が最期を迎えた8巻に相応しいカバー下イラスト。

この、優しい微笑みと涙に目頭が熱くなってしまいますね…

あちらで母と再会できていることを切に願います。

『鬼滅の刃8巻』挿絵とカバー下イラスト!煉獄の母の涙が泣ける:まとめ

さて、鬼滅の刃8巻の挿絵とカバー下イラストを、あらすじと共にご紹介してきましたがいかがでしたか?

鬼滅の刃単行本は、クスッと笑えるものから泣けるものまで、様々な挿絵・カバー下イラストがあります。

更新していきますので、また覗いてみてください♪

では、最後までご覧いただき、ありがとうございました!

前巻を見る← →次巻を

→鬼殺隊キャラ一覧

→鬼キャラ一覧

→家族・その他キャラ一覧

タイトルとURLをコピーしました